末期歯周病の治療について

悪化した末期の歯周病もあきらめないで!

歯周病が悪化し、歯ぐきから膿が出たり歯がグラグラになったりすると、「今から治療しても遅いんじゃ……」とあきらめてしまう方がいらっしゃいます。しかし、そのまま放置すればグラついた歯を失っただけで問題が解決するかというと、そうではありません。まわりの健康な歯にも、次々と同じことが起こってしまうのです。

そうしてすべての歯が抜け落ちてしまわないように、早急に治療することをおすすめします。まだ歯が抜けていない状態なら、グラグラした歯を救えるかもしれません。末期の歯周病でもあきらめず、今すぐ治療にとりかかりましょう。千葉市の「藤本歯科 登戸医院」が、大切な歯を残すためのお手伝いをいたします。

歯がグラグラする方に~フラップオペレーション~

歯がグラグラするほど悪化した重度の歯周病では、歯周ポケット内を掃除したくらいでは改善は見込めません。なぜなら、歯周ポケットの奥深くに入り込んだ歯石を、上部から完全にとり除くことはできないからです。

そこでおすすめするのが、「フラップオペレーション」です。フラップオペレーションとは、歯周ポケットの上からではとり除けない歯石を、切開手術によってとり除く歯周外科手術のこと。麻酔をした上で歯ぐきを切り開き、歯根面を見えるようにしてから歯周ポケットの奥底にある歯石を確実にとり除きます。最後に歯ぐきを縫合して完了。歯石がなくなった歯周ポケットは浅くなり、重度の歯周病も改善されていきます。

顎の骨がなくなってしまった方へ「再生治療」

歯周病の悪化によって、顎の骨がやせてなくなってしまった……という場合には、失った骨を再生する治療(再生治療)を行います。

エムドゲイン法

エムドゲイン法とは、歯周病によって失われた顎の骨を「エムドゲインゲル」という薬剤を用いて再生させる治療です。保険適用外になりますが、かつては難しいといわれていた骨の再生が可能になります。

骨を再生させたい部分にエムドゲインゲルを塗ってスペースを確保し、再生を促します。スペースをとる理由は、その部分にやわらかい歯肉が入り込んでしまうと再生が妨げられてしまうから。ゲルは自然に吸収されるため、一度の処置で治療は完了します。

GTR法

GTR法は、エムドゲイン法と同じく失われた顎の骨を再生させる治療です。こちらでは「メンブレン」という特殊な膜を用います。

骨を再生させたい部分にメンブレンを挿入してスペースを確保し、歯肉の侵入を防ぎながら骨の再生を促します。再生後にはメンブレンはとり除く必要がありますが、健康保険が適用できるというメリットがあります。

歯周病の治療ってどうやって進めるの? 歯周病治療の流れについてはこちら